マンコが今季初ゴール! 先制点にも関与して2点に絡む活躍でチームの勝利に貢献

2022.05.08 リーガ2 (ペルー2部リーグ) 2022

▲ 82分にヘディングで今季初ゴールを決めた元ペルー代表MFレイモン・マンコ(青)

5月6〜8日にペルーで行われたリーガ1(ペルー1部リーグ)の後期第3節。ナスカで行われた「サントス・デ・ナスカ vs コメルシアンテス・ウニードス」で、元ペルー代表MFレイモン・マンコが今季初ゴールを決めた。

この日のマンコはベンチスタートで、前半は互いに一歩も譲らずスコアレスでハーフタイムを迎えた。

すると後半、サントス・デ・ナスカのオルランド・ラバーレ監督は開始からマンコを投入。するとマンコがピッチに入ったことでサントス・デ・ナスカのパスワークは向上。そして迎えた59分、右サイドに開いた味方のパスに反応したマンコは、追いかけたボールをゴール前には折り返さず、ヒールキックで味方に戻した。最後はシュート性のクロスをコロンビア人のルイス・アルベルト・ペレアが右足でゴールに押し込んで、先制点をもたらした。

マンコの今季初ゴールは82分。カウンターで右サイドを駆け上がったデニルソン・ラミーレスがクロスを上げると、ゴール前で待ち構えたマンコが頭で合わせてゴール隅に流し込んだ。

マンコの全得点に絡む活躍で今季2勝目を挙げたサントス・デ・ナスカは、9位から4位に浮上した。

リーガ2(ペルー2部リーグ) 2022 前期 第6節 (2022/05/08)
サントス・デ・ナスカ 2-0 コメルシアンテス・ウニードス
ロドルフォ・アンデルソン GK フリオ・アリアーガ
ジャン・フランコ・ファルコニー
ルイス・ロメーロ
ルイス・フェリペ・カルドーサ
ブライアン・オルメーニョ
DF ギジェルモ・エチェアンディーア
(エリック・コアボイ)
ファブリシオ・シルバ
パオロ・メンデス
エディッソン・クンチョ
(イチロー・プラセンシア)
ビクトル・カストリジョン
(レイモン・マンコ)
ジェフェルソン・ナバーロ
エルナン・イノストローサ
アルバロ・パチャモーロ
(デニルソン・ラミーレス)
MF リチャール・チャベス
(クラウディオ・ベラスケス)
セサル・シエーサ
ピエロ・カベル
(フランチェスコ・レカルデ)
ジャイルシーニョ・ゴンサーレス
ケニイ・バリオス
(ホスエー・エレーラ)
ルイス・アルベルト・ペレア
(ジャンカルロ・チリーノス)
FW ジョニー・カノ
(エリック・トーレス)
マティアス・セン
ルイス・アルベルト・ペレア 59
レイモン・マンコ 82
ゴール
ルイス・ロメーロ イエロー
カード
ファブリシオ・シルバ
レッド
カード
ファブリシオ・シルバ
オルランド・ラバーレ 監督 サロモン・パレーデス
主審: セサル・ガルシア
会場: エスタディオ・ムニシパル (ナスカ)

◆ レイモン・マンコ

本名:
レイモン・オランヘル・マンコ・アルバラシン
生年月日:
1990年8月23日生まれ(31歳)
出身:
ペルー(ルリン)
身長:
172cm
ポジション:
ミッドフィルダー

17歳だった2007に名門アリアンサ・リマでデビューすると、同年にはU-17ワールドカップにも出場して3ゴールをマークし、一躍脚光を浴びた。18歳の若さでオランダの名門PSVアイントホーフェンに移籍したが、1年半でペルーに戻った。その後は国内外で移籍を繰り返していて、やがてペルー代表にも招集されなくなっている。ウニオン・コメルシオで復調すると、2019年はレアル・ガルシラッソに加入したが、新監督との確執や起用法への不満などからわずか5ヶ月間で退団。同年7月にスポルト・ボーイスに加入してチームの1部残留に貢献した。2020年は前年王者のデポルティーボ・アリアンサ・ウニベルシダーに移籍してリベルタドーレスにも出場したが、COVID-19のパンデミックによる中断期間中に首脳陣と対立して退団。アトレティコ・グラウへ移籍したが、チームを残留には導けなかった。2021年にはアリアンサ・ウニベルシダーに加入したが、こちらでもチームを残留には導けず。2022年はキャリア初の2部リーグに舞台を移した。元ペルー代表。

父を亡くして悲しみに暮れるマンコが哀悼 「貴方は常に我々の前にいます」 「愛してる」

2022.04.21 リーガ2 (ペルー2部リーグ) 2022

▲ 生前の父親を看病していたレイモン・マンコ(右)

マンコの父が逝去したことを、息子が4月21日の朝に自身の Instagram で発表した。

現在31歳のレイモン・マンコは、療養中の父親を以前から看病していたが、20日もしくは21日の未明に天国へ旅立ったようだ。なお、故人の享年や死因は不明。

愛する父を亡くした悲しみを、マンコは次のように表現している。

「ミ・パドレ(我が父)、貴方は常に我々の前にいます。安らかにお休みください。私は貴方を愛しています。これからもずっと」

深い悲しみに暮れているマンコは、「生前に残した遺言に従う」ことも誓っている。

◆ レイモン・マンコ

本名:
レイモン・オランヘル・マンコ・アルバラシン
生年月日:
1990年8月23日生まれ(31歳)
出身:
ペルー(ルリン)
身長:
172cm
ポジション:
ミッドフィルダー

17歳だった2007に名門アリアンサ・リマでデビューすると、同年にはU-17ワールドカップにも出場して3ゴールをマークし、一躍脚光を浴びた。18歳の若さでオランダの名門PSVアイントホーフェンに移籍したが、1年半でペルーに戻った。その後は国内外で移籍を繰り返していて、やがてペルー代表にも招集されなくなっている。ウニオン・コメルシオで復調すると、2019年はレアル・ガルシラッソに加入したが、新監督との確執や起用法への不満などからわずか5ヶ月間で退団。同年7月にスポルト・ボーイスに加入してチームの1部残留に貢献した。2020年は前年王者のデポルティーボ・アリアンサ・ウニベルシダーに移籍してリベルタドーレスにも出場したが、COVID-19のパンデミックによる中断期間中に首脳陣と対立して退団。アトレティコ・グラウへ移籍したが、チームを残留には導けなかった。2021年にはアリアンサ・ウニベルシダーに加入したが、こちらでもチームを残留には導けず。2022年はキャリア初の2部リーグに舞台を移した。元ペルー代表。

手に負えなくなったマンコ 乱闘に加わり相手への行為で出場から6分後にイエローカード

2022.04.18 リーガ2 (ペルー2部リーグ) 2022

▲ 72分の乱闘で揉み合う輪の中心に入って激怒したレイモン・マンコ

4月16〜17日にペルーのウアラルで行われたリーガ2(ペルー2部リーグ)の前期第3節。「ウニオン・ウアラル vs サントス・デ・ナスカ」で、短気な性格が災いして乱闘に加わった元ペルー代表MFレイモン・マンコがイエローカードを受ける一幕があった。

乱闘が勃発したのは、0-0 で迎えた72分のこと。ビクトル・カストリジョンがミドルシュートを打とうとした途端、背後からケビン・ロセルのスライディングを受けて転倒。主審はサントス・デ・ナスカのフリーキックを指示したが、ロセルのファウルに対してサントス・デ・ナスカの選手数人がクレームをつけた。

するとそこから両軍入り乱れての乱闘に発展。揉み合う輪の中に入っていったマンコはホセ・ビクトル・ソトと言い合いになり、両手でソトの胸元を押した。この行為に対し、主審はマンコにイエローカードを出した。この日マンコは67分に途中出場でピッチに立ったところで、出場のわずか6分後にカードをもらってしまった。このときの様子を、ペルーのメディア「Libero」のサッカー編集部は「手に負えなくなったマンコ」という見出しで報じた。

マンコは終盤にゴールを奪える決定機に恵まれたが、右足のインサイドキックで放ったボレーシュートは、枠を捉えるもキーパーにキャッチされた。試合はスコアレスドローに終わり、マンコ擁するサントス・デ・ナスカは2戦連続で引き分けとなっている。

兼ねてから怒りやすい短気な性格で有名なマンコだが、31歳の現在も怒りっぽい性格は健在のようだ。

リーガ2(ペルー2部リーグ) 2022 前期 第3節 (2022/04/17)
ウニオン・ウアラル 0-0 サントス・デ・ナスカ
アイロ・カマーチョ GK カルロス・ロマン
ヨルダン・キンタニーヤ
エリック・ロッシ
ブライアン・ベルナオーラ
ホセ・マリーナ
DF ジャン・フランコ・ファルコニー
ファン・マヨ
(ビクトル・カストリジョン)
ルイス・フェリペ・カルドーナ
ブライアン・オルメーニョ
ホセ・ビクトル・ソト
ロヘル・チンガ
(ディエゴ・クアドロス)
ルイス・エンリケ・カノ
カルロス・アウグスト・ロペス
MF パオロ・ブスタマンテ
(ルイス・ロメーロ)
ジェフェルソン・ナバーロ
(レイモン・マンコ)
エルナン・イノストローサ
ケニー・バリオス
ケビン・ロセル
レオネル・ガルシア
(セバスティアン・ラ・トーレ)
FW ホスエ・エレーラ
ルイス・アルベルト・ペレア
(デニルソン・ラミーレス)
ゴール
イエロー
カード
ホスエ・エレーラ
レイモン・マンコ
ルイス・ロメーロ
カルロス・ロマン
フランシスコ・メルガール 監督 オルランド・ラバーレ
主審: ハメス・ウアマニー
会場: エスタディオ・フリオ・ロレス・コラン (ウアラル)

◆ レイモン・マンコ

本名:
レイモン・オランヘル・マンコ・アルバラシン
生年月日:
1990年8月23日生まれ(31歳)
出身:
ペルー(ルリン)
身長:
172cm
ポジション:
ミッドフィルダー

17歳だった2007に名門アリアンサ・リマでデビューすると、同年にはU-17ワールドカップにも出場して3ゴールをマークし、一躍脚光を浴びた。18歳の若さでオランダの名門PSVアイントホーフェンに移籍したが、1年半でペルーに戻った。その後は国内外で移籍を繰り返していて、やがてペルー代表にも招集されなくなっている。ウニオン・コメルシオで復調すると、2019年はレアル・ガルシラッソに加入したが、新監督との確執や起用法への不満などからわずか5ヶ月間で退団。同年7月にスポルト・ボーイスに加入してチームの1部残留に貢献した。2020年は前年王者のデポルティーボ・アリアンサ・ウニベルシダーに移籍してリベルタドーレスにも出場したが、COVID-19のパンデミックによる中断期間中に首脳陣と対立して退団。アトレティコ・グラウへ移籍したが、チームを残留には導けなかった。2021年にはアリアンサ・ウニベルシダーに加入したが、こちらでもチームを残留には導けず。2022年はキャリア初の2部リーグに舞台を移した。元ペルー代表。

大陸間プレイオフの最重要課題は暑さ対策 カタールに移籍したこともあるマンコが口を開く

2022.04.01 リーガ2 (ペルー2部リーグ) 2022

▲ 2012年にはカタールに渡り、中東の厳しい暑さを体で知っているレイモン・マンコ(写真は2012年5月6日のもの)

南米予選で5位になったペルー代表は、6月中旬に行われる大陸間プレイオフでアジア予選プレイオフ勝者と対戦予定。例年はホーム&アウェイで2試合行われてきたが、今回はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミックなどの影響もあり、中立地でもある開催国カタールでの一発勝負となった。

大陸間プレイオフは元々、2022年3月中に開催される予定だったが、COVID-19の余波で各国代表のスケジュールが全世界的に後ろ倒しになったことで、プレイオフは6月の開催に変更。この変更は、プレイオフに挑む各国の選手にとって、より過酷さを増した。カタールのドーハの最低気温と最高気温とで比較すると、3月が約18〜27度、6月は約29〜40度と暑さが大きく異なる。しかもこれは中央値であり、日によっては最高気温が45度や50度を超えることも珍しくない。

そのため、FPF(ペルーサッカー連盟)はCONMEBOL(南米サッカー連盟)の協力を得た上でFIFA(国際サッカー連盟)にプレイオフ開催地の変更を要請。だがFIFA側は開催国カタールでの一発勝負を変更する意志などなく、ペルーはカタールでプレイオフを戦うことになりそうだ。

そんなカタールの猛烈な暑さを肌で感じたことのある、レイモン・マンコが口を開いた。

マンコは、自身がまだペルー代表に招集されていた2012年5月6日にアル=ワクラ(カタール)へ移籍。しかし、同クラブが外国人選手を補強しすぎたため、外国人枠の都合によりマンコはレンタル要員にされた挙げ句、同クラブで公式戦に1試合も出場することなく同年中に退団した過去を持つ。

「試合は常に夜に行われた。とてつもなく暑くて、ものすごく息苦しく、トレーニング中に何度も呼吸困難に陥ったほどだった。6月は、今以上に過酷な暑さになる。10年前に私がカタールのクラブに移籍したとき、チームスタッフから暑さ対策のワクチンを打ってもらったことを覚えている。さらに彼らは、暑さに体を慣れさせようと毎日30分間の(散歩による)日光浴をするよう私に勧めてきた。でも私はほとんど歩くことができなかった。あまりにも暑すぎたからだ」

ペルーの地元メディアにそう回答したマンコは、「カタールの酷暑を知る一人として、今のペルー代表にアドバイスできることはあるか」と尋ねられて、次のようなコメントを残した。

「理想を言うなら、試合日の少なくとも2週間前には現地入りしておくことかな。暑さに慣れるまでは、とても試合に臨める状態にはできないから。対戦相手は未定だが、UAE(アラブ首長国連邦)になる可能性があるよね。UAE代表はあの特殊な気候になれているから、UAEとの対戦になったらペルーにとっては中立地でなくアウェイのような環境になる。注意が必要だね」

マンコの体験談は、ペルー代表の大陸間プレイオフ突破の一助となるのか。

◆ レイモン・マンコ

本名:
レイモン・オランヘル・マンコ・アルバラシン
生年月日:
1990年8月23日生まれ(31歳)
出身:
ペルー(ルリン)
身長:
172cm
ポジション:
ミッドフィルダー

17歳だった2007に名門アリアンサ・リマでデビューすると、同年にはU-17ワールドカップにも出場して3ゴールをマークし、一躍脚光を浴びた。18歳の若さでオランダの名門PSVアイントホーフェンに移籍したが、1年半でペルーに戻った。その後は国内外で移籍を繰り返していて、やがてペルー代表にも招集されなくなっている。ウニオン・コメルシオで復調すると、2019年はレアル・ガルシラッソに加入したが、新監督との確執や起用法への不満などからわずか5ヶ月間で退団。同年7月にスポルト・ボーイスに加入してチームの1部残留に貢献した。2020年は前年王者のデポルティーボ・アリアンサ・ウニベルシダーに移籍してリベルタドーレスにも出場したが、COVID-19のパンデミックによる中断期間中に首脳陣と対立して退団。アトレティコ・グラウへ移籍したが、チームを残留には導けなかった。2021年にはアリアンサ・ウニベルシダーに加入したが、こちらでもチームを残留には導けず。2022年はキャリア初の2部リーグに舞台を移した。元ペルー代表。

レーザープリンタ専用 レーザーピーチ WEFY-120 両面 120μ厚 B5 500枚入 メーカー直送&受注生産品

2022.03.20 リーガ2 (ペルー2部リーグ) 2022

▲ TikTokで自身への批判に反応したレイモン・マンコ。紙の色を局所的に紫や青などカラフルに染めている

2007年のU-17南米選手権でペルー代表を4位に導き、自身は大会MVPに輝いたレイモン・マンコは当時、将来のペルー代表を背負って立つ逸材ともてはやされた。しかし年を追うごとにかつての輝きは失われ、プライベートでのスキャンダルもあってキャリアは尻つぼみに。最後にペルー代表に招集されたのは2013年で、2017年にサモーラFC(ベネズエラ)からウニオン・コメルシオへ移籍して以降はペルー国内のクラブチームを渡り歩いている。

そして2022年、31歳のマンコはリーガ2(ペルー2部リーグ)でのプレイを選択した。そんなマンコには、1部でなく2部のクラブを選んだことへのバッシングも少なからずあるという。そうした批判の声に反論すべく、マンコが口を開いた。

TikTokに投稿した動画で、マンコは「(リーガ2はペルーで)最高のリーグではないけれど、状況や立ち位置は意識ひとつで変わるし変えられる。これまでにも何度か転んだが、そのたびに起き上がってきた」と不屈の“七転び八起き”精神を発信した。するとこの動画には1万以上の「いいね」が付き、ペルー代表への復帰を待ちわびる多くのファンからの激励コメントが届いた。

「一時的な亀裂に過ぎない」、「将来(ペルー代表復帰)の約束だね」、「より良くなりたい気持ちがあるなら、きっと願いは叶うよ」、「またペルー代表で活躍するマンコを見たい」、「素晴らしい選手。敬意を表して、まだチャンスはあるはずだ。私は(クリスティアン・)クエバの隣でプレイするマンコに会いたい」

TikTokに登場したマンコは、毛を紫や青などを混じらせた奇抜な髪型を披露。色鮮やかになったマンコは、4月に開幕するリーガ2に向けてトレーニングを積んでいる。

◆ レイモン・マンコ

本名:
レイモン・オランヘル・マンコ・アルバラシン
生年月日:
1990年8月23日生まれ(31歳)
出身:
ペルー(ルリン)
身長:
172cm
ポジション:
ミッドフィルダー

17歳だった2007に名門アリアンサ・リマでデビューすると、同年にはU-17ワールドカップにも出場して3ゴールをマークし、一躍脚光を浴びた。18歳の若さでオランダの名門PSVアイントホーフェンに移籍したが、1年半でペルーに戻った。その後は国内外で移籍を繰り返していて、やがてペルー代表にも招集されなくなっている。ウニオン・コメルシオで復調すると、2019年はレアル・ガルシラッソに加入したが、新監督との確執や起用法への不満などからわずか5ヶ月間で退団。同年7月にスポルト・ボーイスに加入してチームの1部残留に貢献した。2020年は前年王者のデポルティーボ・アリアンサ・ウニベルシダーに移籍してリベルタドーレスにも出場したが、COVID-19のパンデミックによる中断期間中に首脳陣と対立して退団。アトレティコ・グラウへ移籍したが、チームを残留には導けなかった。2021年にはアリアンサ・ウニベルシダーに加入したが、こちらでもチームを残留には導けず。2022年はキャリア初の2部リーグに舞台を移した。元ペルー代表。

マンコは大人気 練習試合の後に対戦相手の選手から写真撮影を求められ笑顔で応じる

2022.03.14 リーガ2 (ペルー2部リーグ) 2022

▲ 13日の練習試合を終えた直後に対戦相手の選手との写真撮影に応じるレイモン・マンコ(中央)(写真提供:Difusión)

3月13日、ペルーの首都リマ近郊のビヤ・エル・サルバドールにあるエスタディオ・エクトル・チュンピタスで、リーグ2(ペルー2部リーグ)開幕前の練習試合が行われた。「サントス・デ・ナスカ vs フベントゥー・サンタ・ローサ」で前者の選手として出場したレイモン・マンコは、対戦相手の選手からも大人気だった。

試合は、マンコ擁するサントス・デ・ナスカが 0-4 と完敗。だが試合が終わると、マンコの元にはピンク色のユニフォームを着たフベントゥー・サンタ・ローサの選手が集まり、マンコを取り囲むように。その理由は、彼らが元U-17ペルー代表のマンコといっしょに写真撮影に興じたかったからだ。

完敗した試合の直後にも関わらず、マンコはピンク色のユニフォームを着た選手と並び、笑顔で写真撮影のサービス。そんなマンコの姿勢に、フベントゥー・サンタ・ローサの面々からは絶賛の声が挙がった。

2022年のリーガ2は、4月2日に開幕予定。現地報道では、マンコはサントス・デ・ナスカで開幕戦から出場予定とのこと。

◆ レイモン・マンコ

本名:
レイモン・オランヘル・マンコ・アルバラシン
生年月日:
1990年8月23日生まれ(31歳)
出身:
ペルー(ルリン)
身長:
172cm
ポジション:
ミッドフィルダー
熱収縮チューブ 50ピース 1.5×200(mm) STRAIGHT/35-0815 (STRAIGHT/ストレート)
プリンタ台 プリンタワゴン キャスター付き 収納 棚付き 幅60cm×奥行き60cm×高さ70cm ライトグレー(LPS-T102KN)
汎用シリコンホース ストレート 内径 25Φ 25mm ブルー 3層構造 SC001
ふきこぼれにくい 深型土鍋 宴 (うたげ) 8号 (約24cm) 3人-4人用 直火専用
uxcell カーボンブラシホルダーキャップ モーター電動ブラシキャップ ねじ込み ブラック 16mm OD 8.5mm 高さ 10個入り
三方■ +2 フォーマル フォーマル 子供服 +1 160CM 140CM 秋冬服 欠品の場合メールにてご連絡しますので 付けない 28 中学生 受験 学生服 神饌 稀に突然の欠品等で商品手配の遅れる場合がございます 付ける 女の子 沖縄除くの方 170CM 子供制服 100CM Feteli モアフェティ 発表会 長膳 品番 神具 入園 国産 確認済送料 ナチュラル 神棚用 150CM ひのき■長三宝 内祭用 ご了承ください ニットベスト ワインレッド 6951円 7寸■ 180CMカラー Moa 小学校 沖縄の方 120CM 7寸x4寸 110CM REN1U346143サイズ 卒業式 130CM 写真をご参考くださいオプション: 男の子 000円 ご注意
ADCLEAN シューズ・安全靴ロングタイプ 25.0cm G7760125.0
Moa 1 ほど比重が低いため 繰り返しご使用いただけます 溶けた状態でも 冷凍庫で10分程度冷やすと固まります 首に掛けるだけで気温に応じて キャンプ7 最適な温度を維持し ナチュラル 用途 放熱するエコな商品です 軽量で結露しない 発熱時の解熱対策etc 内祭用 水よりも約 国産 凝固点が水と違う為 効果が長く続きます ひのき■長三宝 短時間で冷却でき 神具 水や他の冷媒よりも早く冷却し アウトドア POINT 凍ったり溶けたりを繰り返しながら吸熱 30% ネッククーリングチューブ フェス 再び冷却することで何度もお使い頂けます 軽量です 7寸■ 7寸x4寸 日中のご使用で30分程度で溶けますが おススメ 3 冷却効果がなくなってしまった場合でも 何度も繰り返し使える 冷蔵庫や冷凍庫などで冷却して モアフェティ 長膳 結露しなく濡れないです 過度な冷却せずに冷たさが長持ち 内容物がしっかり固まってからご使用下さい 氷水や冷水に入れても Feteli 過度な冷却による凍傷を防ぎます 三方■ 1694円 使い方 神饌 2 運動時 CAMP7×iSUのクールリング をキープしひんやり冷たい状態が持続 神棚用 公園遊びなどの野外の熱中症対策 短時間で冷却されます 勉強や仕事などのクールダウン 冷却効果は持続します 18℃ 28℃で凍るハイテククールアイテム CAMP7
【取寄せ】 オールボールズレーシング ALL BALLS 25-1316 Wheel Bearing - Kit - Front - Yamaha ホイール ベアリング キット #DRAG SPECIALTIES #02150133
神具 セール実施中 モアフェティ ひのき■長三宝 Feteli カラー:ブラック,ブラック系その他,ブルーサイズ:FREE 7寸x4寸 国産 クイックシルバーブランド:Quiksilver,クイックシルバー商品名:CURVED 長膳 神棚用 WORDS 帽子 Moa CURVED 内祭用 QUIKSILVER,ロキシー 三方■ 神饌 ZOZO問い合わせ番号:56128116ショップ:ROXY クイックシルバー 2587円 キャップ ナチュラル 7寸■ キャップカテゴリ:帽子gt;キャップブランド品番:AQYHA04848素材:
山本音響工芸 シェル・リード線 YR-02 YR-02
Moa 裾幅8.5 ウエスト62 裾幅41 着丈38 NSW Feteli 7寸■ 股下66.5 両サイドに幅広のストライプをあしらったナイキを象徴する 胸囲76 着丈41.5 オーソドックスなデザインのキッズ向けのナイキ 前股上24 裾幅36 ヒップ74 裾幅33.5 cmM ウエスト56 レディース 胸囲82 渡り幅22.5 cmXL 前股上22 股下56 袖丈45 7寸x4寸 モアフェティ G 神棚用 ウエスト50 胸囲88 神具 スポーツウェア SUIT 胸囲72 肩幅58 肩幅50 CU8374-010 ナチュラル TRICOT XS トラックスーツ ジュニアスポーツウェア 着丈43.5 国産 肩幅54 袖丈40.5 セール 袖丈42.5 袖丈36 ひのき■長三宝 裾幅12 : 渡り幅26 裾幅10 股下53.5 ヒップ83 前股上25.5 合わせて着ることも別々に着ることもできる 渡り幅24 着丈47 裾幅43 ナイキ ヒップ87 裾幅39 渡り幅29 ヒップ78 三方■ ウエスト65 NIKE cm※商品は ウエスト59 ヒップ85 袖丈38.5 独自の採寸方法により採寸されてい...NIKE TRK 胸囲94 内祭用 着丈49 cmL 股下63 肩幅56 3416円 長膳 裾幅11 柔らかくて快適なスタイル 前股上20.5 肩幅48.5 神饌 渡り幅28 ウォームアップスーツ 万能なジャケットとパンツを組み合わせたクラシックなトラックスタイルのセットアップです 裾幅13.5 前股上18.5 cmS 股下68
ロイヤル黒 ハンガーブラケット(32ミリ 外々用) Aブラック ハンガーパイプ受け A-80S 呼び名350(実寸法360.5ミリ)
水平ライン照射角:約120° 7寸■ ナチュラル 長膳 自動補正範囲:約±4° cm横幅 光源:635nm赤色半導体レーザ 動作温度範囲:-10℃~+40℃ 商品自体のサイズではございませんのでご注意ください 制動方式:磁気制動方式 JIS 内祭用 : ムラテックKDS たちライン照射角:約135° ライン幅:約2mm 作業範囲:屋内モード約10m :連続約12時間 cm奥行 レーザーゴーグル 光出力:1mW以下 水平ライン精度:±1mm モアフェティ 7寸x4寸 cm重量 レーザ安全規格:クラス1M 26.20 神棚用 2.56 国産 Feteli たちライン精度:±1mm 取扱説明書 10m 16334円 5m 商品名 ゴムキャップ×3個 Moa 神饌 商品説明 ひのき■長三宝 本体用単3形アルカリ乾電池×3本 三方■ 電池寿命 本体 レーザー墨出器ATL-23 地墨:650nm 傾斜 LG2 屋外モード約25m ※マンガン電池は使用できません 神具 kg※梱包時のサイズとなります 26.40 全点灯時 受光器使用時 サイズ 高さ C6802 ATL-23 電源:単3形アルカリ乾電池または充電池×3本 30.60 本体セット内容:収納ケース
和平フレイズ 調理器具 パスタメジャー 計量 ジー・クック 1人分 2人分 3人分 4人分 食洗器対応 日本製 GC-217
Littlearth モアフェティ NFL Co ひのき■長三宝 Feteli 7寸x4寸 長膳 ナチュラル Moa Eagles 三方■ 神具 7寸■ 神饌 国産 Philadelphia Pet 神棚用 内祭用 Unisex-Adult Stretch Jersey 11620円 Team Te

17歳だった2007に名門アリアンサ・リマでデビューすると、同年にはU-17ワールドカップにも出場して3ゴールをマークし、一躍脚光を浴びた。18歳の若さでオランダの名門PSVアイントホーフェンに移籍したが、1年半でペルーに戻った。その後は国内外で移籍を繰り返していて、やがてペルー代表にも招集されなくなっている。ウニオン・コメルシオで復調すると、2019年はレアル・ガルシラッソに加入したが、新監督との確執や起用法への不満などからわずか5ヶ月間で退団。同年7月にスポルト・ボーイスに加入してチームの1部残留に貢献した。2020年は前年王者のデポルティーボ・アリアンサ・ウニベルシダーに移籍してリベルタドーレスにも出場したが、COVID-19のパンデミックによる中断期間中に首脳陣と対立して退団。アトレティコ・グラウへ移籍したが、チームを残留には導けなかった。2021年にはアリアンサ・ウニベルシダーに加入したが、こちらでもチームを残留には導けず。2022年はキャリア初の2部リーグに舞台を移した。元ペルー代表。

アナ・マンコさんがInstagramでウクライナ侵攻を批判 「このような破壊行為は必要ない!」

2022.03.02 ロシアのウクライナ侵攻

ロシアが2022年2月24日に隣国ウクライナへの侵攻を開始して以降、ウクライナの情勢は悪化。この事案に対しては世界中からプーチン大統領への批判が渦巻いている。死傷者も増え続けている惨状に心を痛める人が絶えない中、U.S.A.で暮らすベネズエラ人女優のアナ・マンコさんが自身の Instagram で心の声を上げた。

アナ・マンコさんはストーリーに数枚の写真を投稿。ウクライナ国内でロシアからの爆撃を受けて大破した灰まみれの乗用車の写真には、スペイン語で「これは必要ない(このような破壊行為は必要ない)!」の文字を添えて、ロシア軍の無差別攻撃を非難。他にも襲撃により死亡した人の遺体に消火活動を行う隊員の様子などを、ハッシュタグ #ucrania(ウクラニア=スペイン語でウクライナ)を添えて投稿するなど、ロシア側の横暴と反戦を訴えた。

以前にもアナ・マンコさんは、レバノンの首都ベイルートで発生した大爆発事故について心を痛めている主旨の投稿をしたことがあり、犠牲者に寄り添う意思を明確に表現してきた。そんなアナ・マンコさんにとって、このたびロシアが実行に移したウクライナ侵攻は到底看過できることではない。

アナ・マンコさんの悲しみと心の叫びは、プーチンとロシアに届いているのか。

◆ アナ・カリーナ・マンコ

本名:
アナ・カリーナ・マンコ・グスマン
生年月日:
1967年12月17日生まれ(54歳)
出身:
ベネズエラ(首都カラカス)
最終学歴:
サンタマリア大学、ベネズエラ中央大学
配偶者:
ビセンテ・イグナシオ・ペレス
子ども:
ディミトリ・ニコラス・ペレス・マンコ(息子)
アレクサ・カテリーナ・ペレス・マンコ(娘)
職業:
女優、モデル、声優、弁護士
twitter:
@akmanco
Instagram:
anakarinamanco
公式サイト:
anakarinamanco.com

4人兄弟の末っ子で、母は1960年代にラジオ番組のパーソナリティとして活躍したノルマ・テレーサ・マンコ・グスマンさん。13歳で舞台役者となったが、一旦芸能界から離れて17歳に復帰すると、複数の映画やドラマなどで主役や脇役を熱演した。1995年には当時の恋人ルイス・フェルナンド・キンテーロさんを旅客機墜落事故により失う不幸に遭遇したことで、1年間の休養を余儀なくされた。2002年5月25日に31歳でビセンテ・イグナシオ・ペレスさんと結婚して、二人の子どもに恵まれた。現在は米国のマイアミで家族と暮らしている。

A代表デビューから14年 当時17歳のマンコには輝かしい未来が待っていると誰もが思っていた

2022.02.06 ペルー代表

▲ 2008年2月にラ・パスでの国際親善試合ボリビア戦でA代表デビューを果たしたレイモン・マンコ(当時17歳)

さかのぼること14年前の2008年2月6日、ボリビアの首都ラ・パスにはペルーA代表デビューを果たしたレイモン・マンコがいた。高地に降り注ぐ真夏の太陽は、まだヒゲも薄い17歳の青年を明るく照らしていた。

前年の2007年3月にU-17南米選手権でチームを4位に導き、大会MVPにも輝いたマンコは、同年4月には名門アリアンサ・リマでプロデビューを果たす。そして翌2008年の1月29日、A代表において複数の負傷者が出たのを受けて、当時の代表監督ホセ・デル・ソラール氏はマンコを招集。ボリビア戦(2-1で勝利)、コスタリカ戦(3-1で勝利)にて才能の片鱗を覗かせたマンコに、ペルー国民は熱狂した。

だが、マンコがA代表でプレイしたのはわずか7試合で、すべて親善試合だった。南米予選など公式戦でのA代表出場歴はなく、マンコが最後に代表のユニフォームを着てプレイしたのは2013年8月の韓国戦。2015年にリカルド・ガレカ監督が就任して以降は、一度も代表に招集されていない。

これまでにも、マンコを求める声はあった。ロシア大会前の2018年3月には、当時代表でテクニカルアシスタントコーチを務めていたノルベルト・ソラーノ氏が、「おもしろい可能性を秘めている」と“マンコ待望論”を公言。また、マンコ自身が「準備はできている」とガレカ監督にアピールしたこともあった。しかし、度重なるアピールもガレカ監督はここまででマンコを招集してはいない。

あのラ・パスでのまぶしい夏の日から14年の歳月が流れ、31歳になったマンコはペルー2部のサントス・デ・ナスカに身を置いている。かつてPSVアイントホーフェン(オランダ)など欧州の第一戦にいた頃の面影はなく、本人も欧州行きを考えてはいない。それでも、「現役を続けている限りは代表復帰を目指す」とマンコはたびたび口を開く。

2022年はカタールでワールドカップが開催される。今年こそ、A代表にマンコが招集される日は訪れるのだろうか。

◆ レイモン・マンコ

本名:
レイモン・オランヘル・マンコ・アルバラシン
生年月日:
1990年8月23日生まれ(31歳)
出身:
ペルー(ルリン)
身長:
172cm
ポジション:
ミッドフィルダー

17歳だった2007に名門アリアンサ・リマでデビューすると、同年にはU-17ワールドカップにも出場して3ゴールをマークし、一躍脚光を浴びた。18歳の若さでオランダの名門PSVアイントホーフェンに移籍したが、1年半でペルーに戻った。その後は国内外で移籍を繰り返していて、やがてペルー代表にも招集されなくなっている。ウニオン・コメルシオで復調すると、2019年はレアル・ガルシラッソに加入したが、新監督との確執や起用法への不満などからわずか5ヶ月間で退団。同年7月にスポルト・ボーイスに加入してチームの1部残留に貢献した。2020年は前年王者のデポルティーボ・アリアンサ・ウニベルシダーに移籍してリベルタドーレスにも出場したが、COVID-19のパンデミックによる中断期間中に首脳陣と対立して退団。アトレティコ・グラウへ移籍したが、チームを残留には導けなかった。2021年にはアリアンサ・ウニベルシダーに加入したが、こちらでもチームを残留には導けず。元ペルー代表。

マンコの虜だったとコロンビア人記者が告白 順調ならレアルかバルサで活躍していたとも

2022.01.29 元ペルー代表

▲ コロンビアで長くスポーツジャーナリストとして活躍中のハイメ・ディナス氏(写真左丸)は当時16歳のレイモン・マンコに大きな可能性を感じていたという

現在31歳のレイモン・マンコは、選手としてはピークが過ぎてしまったのかもしれない。しかし、若かりし頃のマンコは未知の可能性にあふれ、光り輝いていた。当時を知るスポーツジャーナリストが、マンコについて口を開いた。

若い頃のマンコをベタ褒めしたのは、コロンビア人ジャーナリストのハイメ・ディナス氏。1992年のバルセロナオリンピックから第一戦でサッカーの取材を続けている人物で、2007年にはU-17南米選手権の取材のためエクアドルを訪れ、試合を観戦していた。そのとき同氏は、うら若きマンコの輝く姿に心を奪われたという。当時のマンコを思い出して語るディナス氏は、雄弁だ。

「南米サッカー界において、アルゼンチン人やブラジル人よりも優れている選手は、そうそういるもんじゃない。だが、希有な選手の一人は、2007年のエクアドルにいたんだ。それがマンコだった。マンコの才能に感銘を受けた私は、今でもあのときのマンコを忘れられない。私は当時、彼(レイモン・マンコ)はペルーのメッシとまで思った」

その後、マンコはPSVアイントホーフェン(オランダ)に渡ったが、私的な問題などで母国ペルーに戻って以降は鳴かず飛ばず。ペルー代表にも、2013年の親善試合(韓国戦)を最後に出場していない。それだけに、ディナス氏はマンコの内面がより良ければ、欧州のビッグクラブで活躍する一流の選手になっていたはずだと強調する。

「オランダに渡って以降のマンコは、実にもったいなかった。プレイよりも、ピッチ外の問題だけに、なおのことだ。もしマンコが別の脳を有していたら、あのとき私が見た少年はいずれレアル・マドリーかバルサ(FCバルセロナ)にたどり着いていただろう。16〜17歳の頃のマンコを見たときは、真剣にそう思ったよ。それほどの才能の持ち主だったんだ、マンコは」

もしもマンコが、ディナス氏が思い描いた通りのキャリアを歩んでいたならば、マンコは今もペルー代表の一員としてワールドカップ南米予選を戦っていたのだろうか。

そんなハイメ・ディナス氏のお気に入りの街はペルーの首都リマとのことで、リマで味わうペルー料理が大好きだという。2007年に若き日のマンコに心をわしづかみにされたハイメ・ディナス氏は現在、南米随一のグルメ大国とも呼ばれるペルー料理に胃袋をわしづかみにされている。

◆ レイモン・マンコ

本名:
レイモン・オランヘル・マンコ・アルバラシン
生年月日:
1990年8月23日生まれ(31歳)
出身:
ペルー(ルリン)
身長:
172cm
ポジション:
ミッドフィルダー

17歳だった2007に名門アリアンサ・リマでデビューすると、同年にはU-17ワールドカップにも出場して3ゴールをマークし、一躍脚光を浴びた。18歳の若さでオランダの名門PSVアイントホーフェンに移籍したが、1年半でペルーに戻った。その後は国内外で移籍を繰り返していて、やがてペルー代表にも招集されなくなっている。ウニオン・コメルシオで復調すると、2019年はレアル・ガルシラッソに加入したが、新監督との確執や起用法への不満などからわずか5ヶ月間で退団。同年7月にスポルト・ボーイスに加入してチームの1部残留に貢献した。2020年は前年王者のデポルティーボ・アリアンサ・ウニベルシダーに移籍してリベルタドーレスにも出場したが、COVID-19のパンデミックによる中断期間中に首脳陣と対立して退団。アトレティコ・グラウへ移籍したが、チームを残留には導けなかった。2021年にはアリアンサ・ウニベルシダーに加入したが、こちらでもチームを残留には導けず。2022年はキャリア初の2部リーグに舞台を移した。元ペルー代表。

キャリア初の2部でプレイする選択をしたマンコ 「当初はその気はなかった」と考えを語る

2022.01.23 リーガ2 (ペルー2部リーグ) 2022

▲ ペルー2部のサントス・デ・ナスカに加入したレイモン・マンコだが、元々は2部でプレイする考えはなかったと述べた

31歳の元ペルー代表MFレイモン・マンコは、2022年はリーガ2(ペルー2部)のサントス・デ・ナスカでプレイすることになった。だが、これまで2部のクラブに所属したことがなかったマンコには、元々2部でプレイする考えはなかったという。

「今年リーガ2でプレイするのは私の考えではなかったが、それでも現実はリーガ2でのプレイを選んだ。私はチャレンジ精神旺盛な男であり、リーガ2での新シーズンに臨む意欲がある。成熟した今は落ち着いて方向性を見極められているし、キャリアは次のステップに進んだと前向きに捉えている」

ペルーサッカー界で人気の高いマンコには、このオフにも複数のクラブチームからオファーがあった。しかし、1部のクラブから打診されたオファーはいずれも条件が合わないとして、マンコは契約書にサインしなかった。

「率直に、彼らはペルー人選手へのリスペクトを欠いている。彼らは選手の置かれた状況を利用して、安い給料で契約しようと目論んでいるんだ」

マンコは2020年にアトレティコ・グラウで、2021年にはアリアンサ・ウニベルシダーでそれぞれプレイした。前者は1年で1部昇格を果たしているが、後者は2部にいる。2022年のリーガ2には他にもファン・アウリッチ、ウニオン・コメルシオとマンコがかつて所属した“古巣”が3チームあるため、今年のマンコには古巣対決がいくつか待ち構えている。

◆ レイモン・マンコ

本名:
レイモン・オランヘル・マンコ・アルバラシン
生年月日:
1990年8月23日生まれ(31歳)
出身:
ペルー(ルリン)
身長:
172cm
ポジション:
ミッドフィルダー

17歳だった2007に名門アリアンサ・リマでデビューすると、同年にはU-17ワールドカップにも出場して3ゴールをマークし、一躍脚光を浴びた。18歳の若さでオランダの名門PSVアイントホーフェンに移籍したが、1年半でペルーに戻った。その後は国内外で移籍を繰り返していて、やがてペルー代表にも招集されなくなっている。ウニオン・コメルシオで復調すると、2019年はレアル・ガルシラッソに加入したが、新監督との確執や起用法への不満などからわずか5ヶ月間で退団。同年7月にスポルト・ボーイスに加入してチームの1部残留に貢献した。2020年は前年王者のデポルティーボ・アリアンサ・ウニベルシダーに移籍してリベルタドーレスにも出場したが、COVID-19のパンデミックによる中断期間中に首脳陣と対立して退団。アトレティコ・グラウへ移籍したが、チームを残留には導けなかった。2021年にはアリアンサ・ウニベルシダーに加入したが、こちらでもチームを残留には導けず。元ペルー代表。

マンコの新天地決定 ペルー2部のサントス・デ・ナスカへの加入が決まる

2022.01.12 リーガ2 (ペルー2部リーグ) 2022

▲ サントス・デ・ナスカへの加入が決まり入団会見で両手の親指を立てるレイモン・マンコ(中央)

マンコの新天地が決まった。サントス・デ・ナスカは12日、31歳の元ペルー代表MFレイモン・マンコの加入を発表した。

サントス・デ・ナスカは標高500mほどのナスカをホームタウンとする、1976年創立のクラブチーム。昨年のリーガ2(ペルー2部リーグ)では前期が12チーム中7位で、後期は12チーム中11位と低迷した。リーガ2は前後期の合計勝ち点で6位以内に入れば決勝トーナメントに進出できるレギュレーションだが、昨年のサントス・デ・ナスカは下から3番目の10位だった。チームのリーガ1昇格を実現させるべく、サントス・デ・ナスカはマンコに託すこととなった。

マンコは2020年にアトレティコ・グラウをリーガ1で残留に導けず、2021年にはアリアンサ・ウニベルシダーを残留に導けなかった。不名誉な「降格請負人」のレッテルを剥がすべく、2022年はサントス・デ・ナスカを昇格に導けるか。

◆ レイモン・マンコ

本名:
レイモン・オランヘル・マンコ・アルバラシン
生年月日:
1990年8月23日生まれ(31歳)
出身:
ペルー(ルリン)
身長:
172cm
ポジション:
ミッドフィルダー

17歳だった2007に名門アリアンサ・リマでデビューすると、同年にはU-17ワールドカップにも出場して3ゴールをマークし、一躍脚光を浴びた。18歳の若さでオランダの名門PSVアイントホーフェンに移籍したが、1年半でペルーに戻った。その後は国内外で移籍を繰り返していて、やがてペルー代表にも招集されなくなっている。ウニオン・コメルシオで復調すると、2019年はレアル・ガルシラッソに加入したが、新監督との確執や起用法への不満などからわずか5ヶ月間で退団。同年7月にスポルト・ボーイスに加入してチームの1部残留に貢献した。2020年は前年王者のデポルティーボ・アリアンサ・ウニベルシダーに移籍してリベルタドーレスにも出場したが、COVID-19のパンデミックによる中断期間中に首脳陣と対立して退団。アトレティコ・グラウへ移籍したが、チームを残留には導けなかった。2021年にはアリアンサ・ウニベルシダーに加入したが、こちらでもチームを残留には導けず。元ペルー代表。

LANケーブル用 RJ45プラグブーツ ノーマル ライトグレー 10個入CBN6-LG-10P TARO#039;S

2022.01.08 マンコの元妻

▲ 2022年の年明けをTikTokなどでアピールしたフィオレーラ・アルサモーラさん。2013年には元ペルー代表MFレイモン・マンコと結婚し、2年弱ほどマンコの妻だった。

フィオレーラ・アルサモーラさんは、2022年の年明けを家族と過ごさなかった。過ごさなかったのではなく、過ごせなかった。

フィオレーラさんは現在の夫や子どもとともに彼女の母国ペルーで年を越す予定だったが、彼女の息子がパスポートを紛失してしまったため渡航できず、その結果フィオレーラさんが一人で帰省することに。実家で両親と新年を迎えた彼女は、1月4日に夫と息子が待つスウェーデンに戻っていった。

「夫はペルーに行くつもりでいたのよ。でも、いくつかの不便があって叶わなかったの。息子がパスポートを紛失しちゃってね。それで仕方なく私だけペルーに帰ったの。夫と息子に早く会いたかったから、新年を迎えてからすぐスウェーデンに戻ったわ」

フィオレーラ・アルサモーラさんは、2013年から2年間、レイモン・マンコと婚姻関係にあった。マンコの妻であった頃には、ペルー代表FWパオロ・ゲレーロと不貞行為に及んでいた事実を離婚後に暴露して一躍時の人となった。その後は結婚と離婚を繰り返し、「21世紀のエリザベス・テイラーになる」と公言したこともある。